ca-pub-5530659315984097

ストレスとどう付き合おうかなぁ。

ゆらぎ世代に突入し、体調不良に悩まされてます。ストレス、更年期、交通事故の後遺症と思い当たることは多々ありますが、少しずつ良くなりつつあります。そんな経験を記していきます。息抜きに脱線するかも。それもストレス解消です。

アートな秋 個展など

新里たけるさんの個展に行きました。

場所は県立美術館です。

もう、終わったかも。

 

岡田三郎アトリエに展示された絵たちは、

アトリエの雰囲気に呑まれることなく

調和して、輝きを増した気がします。

 

f:id:sakipepa:20221201080350j:image
f:id:sakipepa:20221201080354j:image
f:id:sakipepa:20221201080403j:image

これ好きです.
f:id:sakipepa:20221201080414j:image

羊がいますよ。

f:id:sakipepa:20221201080410j:image

シュールでかわいい。
f:id:sakipepa:20221201080358j:image

光が良い具合です。
f:id:sakipepa:20221201080406j:image

 

県展の写真は掲載不可といことだったので

私の記憶に留めます。

f:id:sakipepa:20221201080704j:image

美術館周辺は紅葉が美しい。

庭園は改修中でした。

どんなになるか楽しみです。
f:id:sakipepa:20221201080708j:image

アートな秋 ピカソ編

長崎では、ピカソを観てきました。

長崎県立美術館は私の好きな美術館の一つです。

行きたい!と思う企画展が多いし

建物そのものがアート。

 

ピカソは撮影オッケーだったので、

気に入った絵を写真に撮ってました。

f:id:sakipepa:20221129195637j:image
f:id:sakipepa:20221129195640j:image
f:id:sakipepa:20221129195643j:image
f:id:sakipepa:20221129195647j:image
f:id:sakipepa:20221129195650j:image
f:id:sakipepa:20221129195653j:image
f:id:sakipepa:20221129195657j:image
f:id:sakipepa:20221129195700j:image
f:id:sakipepa:20221129195703j:image

作風は変化してるけど

芯の部分にピカソを感じます。

思い出の長崎 会って話したい!

11月23日は3年前に亡くなった友だちの誕生日です。

それに、もうすぐ、命日がきます。

 

偶然、23日に彼女と旅した長崎に行きました。

長崎に行くと思い出すんですよね。

出島ワープで一緒に晩ごはん食べて、

3人で歩いた街のことを!

泊まったホテルが素敵だったこと。

 

今回の出島は20歳代の可愛い連れがいました。

f:id:sakipepa:20221125204350j:image
f:id:sakipepa:20221125204357j:image
f:id:sakipepa:20221125204353j:image

思い出が頭をかすめつつ、

時の流れも感じました。

 

時々、彼女と話したくなります。

彼女ならなんと言うかな。

頭をよぎります。

 

3年が経ちました。

でも、まだ3年。

3年前の喪失感はまだ残ってます。

3年前は最悪の年回りだったらしいです。

確かにそうかも。

凹んで、クヨクヨしてる私への最後のラインは、これでした。

振り向くな、振り向くな、後ろに夢はない!

f:id:sakipepa:20221125204854j:image

 

一緒に海外旅行するつもりでした。

一緒に行こうと言いながら

実現できませんでした。

だからこそ、異国情緒の街を歩いた思い出が大切です。

 

ふりむくな、ふりむくな、後ろに夢はない。

でも、たまには良いでしょう。

 

https://sakipepa.hatenablog.jp/entry/2019/11/30/%E5%BF%83%E3%81%AE%E6%95%B4%E7%90%86%E3%81%8C%E3%81%A4%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93%E3%80%82

 

 

長崎新幹線かもめに乗りました

初、長崎新幹線です。

f:id:sakipepa:20221123092611j:image

f:id:sakipepa:20221123092646j:image

 

新幹線はトンネルが多い!

それは、長崎新幹線も同じでした。

そりゃー、山を掘れば早く着くわ。

 

シートはサクラの方が好き。

それでも、のぞみよりシートが広いので、快適です。

席の前側も余裕ありです。

 

新しいので、まだ、新車の匂いがします。

金属と油が混じったような独特の匂いです。

私はこれが苦手。

それでも、新しい証拠です。

 

あっという間に大村にきました。

やっぱり、速い。

 

諫早はとまるんだー。

それなら長崎県民は良いことだらけだね。

 

あっという間につきました。

 

帰りは指定席でなかったので、3列と2列でした。のぞみと同じタイプです。

 

実はやらかしました。

うとうとしている時に、隣の席のご家族が下車されたので、つられて嬉野温泉駅で降りてしまいました。

降りてみて、なんか変と思いつつ、確信がもてず、改札に向かうと、売店があったはずなのにない!

それでも、あれ?ここは何出口?

よく見ると嬉野温泉駅と書いてあります。

 

がーん!

すぐに次が来ると思ったら、嬉野温泉駅に停まるのは1時間後。

仕方ないので、待ちました。

こんなことなら,長崎でミルクセーキを食べてくるんだった。

私って馬鹿😅

でも、1時間に1本しか停まらないって、良いの?

 

懲りたので、しばらくは乗らない!と思った九州長崎ルート新幹線でした。

 

フラメンコ三昧の週末は

週末はフラメンコ三昧でした。

クルシージョを受けて、翌日はライブに行きました。

どちらも濃かったです。

クルシージョは90分、踊りました。

曲はブレリア!

最後はフラフラ、思考力なし(^◇^;)

足が動かなくなって、次に頭が動かなくなりました。

 

汗だくになりました。

椎間板やら、炎症を起こしまくってるのか

翌日はちょっとでも暑いと汗がどっとでました。

悪い汗がたまってるだろうね。

 

ブレリアの振りはかっこよくて

切れ味抜群。

高速ブレリアでした。

 

そのスピード感は、ライブでの踊りもそう。

圧倒されました。

踊り手さんが若いので、

若さ溢れてる感じがすごくしました。

 

ライブが終わって,恒例のフラメンコ友との晩ごはん。

感想を言い合って、締めくくりました。

 

そして、今日。

前回のクルシージョもそうだったけど、

翌日の反動がひどいのです。

 

仕事で80人を前に話さなければいけないのに、

思考がまとまりません。

なんだか、ずっとテンパってるし

頭が回ってません。

回り出したら、マイナス思考に振れます。

 

神経が昂ってるので、イライラします。

 

祭りが終わった後の気分。

 

ずしっと肩に仕事やら,介護やらのしかかってきます。

で、急激に落ちるテンション。

 

明日も説明会で話さないといけないのにな。

 

大丈夫か?泣きたくなってきました。

有休のすきま時間 植物との対話

父のインフルエンザ予防接種のため半日、有休をとりました。

いつもの平日と同じ時間に起床。

病院の時間まで、花たちのお世話をしてました。

 

我が家の玄関ガーデンは夏の花が、今も元気。

f:id:sakipepa:20221119125954j:image

なぜか、ミニ薔薇は勢いよく成長して、もりもり。

f:id:sakipepa:20221119130026j:image

 

この時期になると水やりは午前中が良いけど、そんな時間はつくれません。

なので、お休みの朝は水をあげようと、花たちも待たせてました。

 

ビオラとパンジーの季節になりましたが、夏の子たちが元気なので、もうしばらく待つつもりだったけど、園芸センターに行ったら買ってしまいました。

f:id:sakipepa:20221119130216j:image

f:id:sakipepa:20221119130235j:image

f:id:sakipepa:20221119130247j:image

母の残したエケペリアは手出しができず、大きくなりました。

f:id:sakipepa:20221119130345j:image

昨年から頑張ってるこの子たち。

f:id:sakipepa:20221119130457j:image
f:id:sakipepa:20221119130501j:image

ラベンダーも夏を越しました。

f:id:sakipepa:20221119130516j:image

f:id:sakipepa:20221119130528j:image

枯らしたものもあるけど、大体、元気!

みんなに水を上げながら,

なんて、優雅な時間なんだろ!

と思いました。